沖縄片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

4月は入学や入社、異動などで騒がしくなる季節。

今まで実家で家族と一緒に暮らしてきたかたも、入学などを機に一人暮らしの生活がはじまりますね。嬉しいような、寂しいような、複雑なシーズンです・・・。

この時期(3月~4月)は、多くのかたが引越しをされるので、引越業者もかなり忙しくなりますので、引越費用も高くなってしまいます。

でも忙しいと言っても、家族の引越しではなく単身なんだから、そんなに高くないでしょ!と思われるはず。

それはそうです。人数が一人なんですから、運ぶ荷物が少ないので、家族の引っ越し費用よりももちろん安くなります。

では、その引越しの費用についてですが・・・

その前に引っ越し費用の計算法ってご存知ですか?

基本運賃 + 割増料金 + 料金 + 実費 + オプションサービス料
で、引っ越し費用は計算されます。

○基本運賃
荷物の量・距離(距離制運賃)・時間(時間制運賃)によって算出されます。
距離制運賃と時間制運賃は、法律で基準が定められています

・距離制運賃
トラックで走った距離によって運賃が決定(最短となる経路の距離で計算)
※引越距離が100km以上の場合に適用。

〇時間制運賃
トラックを使用した時間(トラックが指定場所へ到着した時から、作業を終えて車庫に変える時間)で決められています。
①4時間制、②8時間制、③8時間以上の3段階。
※引越しの距離が100km以内の場合に適用。

2.割増料金とは
休日割増 ・・・ 日曜・祝日は2割増し
深夜早朝割増(PM10:00~AM5:00)
冬季割増(地域によって)

3.料金とは
依頼主の都合や、段取りミスによって車を止めてしまった時に発生する料金
6t以下の車両・・120分超、6t車以上の車両・・150分超の時に料金発生
※距離制度運賃にのみ適用されます

4.実費とは
作業員の人件費(荷造作業料金、荷物の積み込み・積み下ろし作業料金など)
荷造りに必要な資材代(ダンボールやガムテープなど)
高速道路通行料など

5.オプションサービス料とは
エアコンの取り外しと取り付け、ピアノの搬送、ハウスクリーニング
不用品買取り、荷物の保管サービスなどのさまざまなオプション

引っ越し費用は上の計算方法を元に計算されますが、各業者で様々な単身向けなどの様々サービスがありますので、一度引っ越し業者のホームページ等を確認してみて下さい

一人暮らしの引っ越し費用や目安についてお話し致します。

一人暮らしの引越し費用

一人暮らしの場合、荷物も少なく、スタッフも少人数でトラックも小さくなるため、引越業者も一人暮らしの方向けのサービスを行っていて、引っ越し費用を安い料金に設定しています。

一人暮らし向けの「単身引越しパック」などは、荷物を入れるBOXのサイズで料金も分かれていて、引越作業の負担を少なくするため、家具・家電などの梱包サービスもセットになっています。

各業者でサービス内容が異なりますので、複数の業者で費用の見積もりをとりながら、サービス内容を確認してみてもよいと思います。

一人暮らしの引越し費用の目安は?

引っ越しするとなると、引越料金で騙されたくない、そう思うのは当然ですよね。

騙されないためにも、引っ越し費用の目安は知っておいたほうがいいです。

では、引っ越し費用の目安はいくらでしょうか?

それを知るための一番良い方法は、インターネットで、複数業者に一括見積もりをとることです。そうすることで、ある程度の目安は把握できます。

ただ、インターネット上での見積もりは大まかな金額になるため、もっと細かい金額まで知りたいという場合は・・・
先程見積もりをした業者の中から複数の業者を選んで、実際に引っ越しする現地をみてもらい、詳細な見積もりをとりましょう。

これで、目安としては大丈夫だと思います。

※引っ越し業者の営業による見積もりは、原則無料になります。
全日本トラック協会のホームページ
「標準引越運送約款」のポイントをご確認ください。

あきらかに金額が低い業者には気をつけましょう。