沖縄片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

電子ピアノの回収をお願いしていた。
運び入れた後に家のリフォームなんかがあり、今は解体しないと出せない状況にあることはオペレーターに伝えていた。

しかし、実際に回収に来た人には、「あれ?電子ピアノですか?エレクトーンかと思ってた。運び出すには…」と、話が伝わっていなかったのか、どう運ぼうかシュミレーションしていた。

作業事態は満足いくものだったが、最初に電子ピアノと伝えたことは作業担当に伝わっていなかったの?

事実確認

電子ピアノの回収との依頼で、4階エレーベーターがない建物でしたので、2万円で伝え、回収いたしました。

お電話の段階で処分品の詳細を確認して、作業スタッフを向かわせ回収いたしました。

電話でお話させていただいたスタッフは電子ピアノで把握していたのですが、伺わせたスタッフには伝達ミスで、エレクトーンと伝えてしまいました。

沖縄片付け110番からのコメント

この度は、ご不安な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。

当社では、オペレーターがお客様からお伺いした内容を作業担当者にお伝えし、作業担当者から再度お客様へ再確認含めてお電話の際にお伺いさせていただいております。

今回は、作業スタッフ間での伝達・確認作業が不十分だったため、回収時にお客様がご不安に思われたのだと反省しております。

今後は確認作業を怠らないよう、全作業員に注意喚起し、作業をさせていただくよう徹底いたします。貴重なご意見、ありがとうございました。